急ぎでお金を借りたい|そんな時は即日キャッシングがおすすめ!

お金を即日で融資を受けるためのキャッシングの方法を解説します。いざという時のお役に立ててください

キャッシングに必要な書類は何か

   

キャッシングを利用する際には、必ず自身の身分証明書が必要になります。実は、通常のキャッシングを利用する際には特別な書類というのは必要ではないのです。しかし、通常のキャッシングであっても、融資限度額によっては必要になる書類が増える場合もあります。また、利用者の職業によっても変化しますので、ぜひとも覚えておきましょう。

収入証明書が必要になる場合

まず、キャッシングを利用するならこれが必要ではないのか、とよく思われる収入証明書です。給与明細などがそうですが、実は高額な融資でない限りは必要とされないのです。しかも、その金額は消費者金融も銀行カードローンもそれぞれの金融機関で独自の金額が設定されています。ですので、大体50万円以上の融資を考えている場合には、一度公式ホームページなどで収入証明書が必要かどうかをきちんと調べておくのが手っ取り早いでしょう。また、別のケースとして、利用者が自営業であったり、フリーランスであったりすると、収入証明書は必須です。もちろん、少額融資でも高額融資でも提出が求められます。単純に言えば自営業やフリーランスは本当に収入があるのかどうか、どのくらいの収入があるかどうかをしっかりと見定めなくてはならないからです。会社員と比べると安定性はありませんから、収入証明書を見せてもらうくらいには、金融機関も慎重になるのです。このような方ならば、確定申告書などもありますから、収入証明書は意外と簡単に手に入りますので、提出に苦労をすることはないでしょう。

他にも在籍確認を無くしたいと言う場合にプロミスが提出を求める、ということがありますが、原則としては、借入金額が高額の時、と職業が自営業の方の場合のみ、と覚えて頂ければ結構です。

専業主婦が借入をする場合の特別な書類

専業主婦の方がキャッシングを利用する場合は、必然的に銀行カードローンから借入することになります。配偶者貸付という銀行独自のシステムを使って利用することになるのですが、その際には自身の身分証明書以外にも、住民票と配偶者の同意書が必要となります。住民票は利用者と配偶者との婚姻関係を示す証拠として提出するものですから、別に住民票以外のものでも構いません。ですが最もポピュラーで入手しやすいので、住民票を持ち込まれる方が多いでしょう。そして、配偶者の同意書は、その名の通り夫にキャッシングを利用することを同意してもらったことを示す物です。ですが、実は必ずこの二つが無ければ借りられないか、という訳ではなく、一部の銀行に限りますが、配偶者の同意書が不要であったり、さらには両方不要になる場合もあります。そちらの銀行を利用される方も多いようですので、実はあまり気にされなくても大丈夫です。

学生キャッシングの場合

学生もアルバイトなどをしていれば、キャッシングの利用は珍しいことではありません。しかし、学生用のコースを用意している消費者金融などから借りる場合には、学生証の提示が必須となります。それを嫌がる方もいらっしゃらないでしょうが、もしも銀行カードローンでお金を借りたいというのであれば、必須の書類として学生証が弾かれます。その代りに、親権者の同意書が必要となります。前述した配偶者の同意書と同じで、親にキャッシングの利用を同意してもらう必要があります。むしろ、親には内緒でお金を借りたい、という方が多いので、銀行カードローンよりも、消費者金融から借りることが多いでしょう。

キャッシングを利用する際には、特別なケースに限らなければ基本的には身分証一つで大丈夫です。車の免許証があれば簡単に審査は受けられるものだと思ってもらっても構いません。ですが、それ以外のケースもしっかりとあるので、もしもそれらに当てはまると言う方であれば、しっかりとどの書類が必要になるか覚えておいて、申込みの前にはしっかりと準備しておきましょう。

 - 即日キャッシング