急ぎでお金を借りたい|そんな時は即日キャッシングがおすすめ!

お金を即日で融資を受けるためのキャッシングの方法を解説します。いざという時のお役に立ててください

キャッシングの電話はどのような会話のやり取りになるのか

   

キャッシングの申込をしますと、申込先から電話がかかってきます。銀行などで申込をした場合は、たいてい電話が来るのですね。ちなみに、その電話は在籍確認と呼ばれることが多いです。それでどのようなやり取りになるかどうか、気になる方々も多いでしょう。

1分もかからない事が多い

銀行などからの電話は、それほど時間をかけない事が多いです。というのも、やり取り自体が非常に簡単になるからです。どれ位の時間がかかるかも金融会社次第なのですが、たいていの所は1分もかかりません。30秒程度で完了してしまう会社も多いのです。

留守との回答でも在籍事実が取れるので早い

具体的にどのようなやり取りになるかと言うと、例えばAさんという方が申込をしてきたとします。その場合、電話では「Aさんはおいででしょうか」等と切り出す事が多いです。その回答内容によって、会社で間違いなく勤めているかどうかを確認できるのですね。そしてこの質問に対して、電話の受け手が「いま留守にしています」等と回答したとします。この一言で、もう会社に勤めている事実が判明するのですね。もしもAさんが働いていないなら、「弊社にはAという者はおりませんが」などと回答する事でしょう。しかし上記のように「留守」という一言が入っている以上、間違いなくその会社で勤めているのですね。そして上記の質問のやり取りは、やはり1分もかからないのです。ですので非常に速やかに、確認が完了する訳ですね。

基本的には個人名の名乗りになる

それと電話確認での名乗りが気になる方も、たまに見られます。人によっては、銀行で申し込みをした事を会社には内緒にしたいと思う事もあるでしょう。しかし、それも特に問題無い事が多いです。というのも銀行などでは、名乗らないケースが目立つのです。具体的な社名を出してしまうと、申し込み事実がバレてしまう可能性がありますね。ですので名乗らずに「個人名」で話してくる所が多いです。ただし一部の金融会社では、あえて会社名を名乗ることもあります。会社の名前を出す方が、申込者にとってのメリットが大きいと考える金融会社も、中には存在するからです。ですので名乗りがどうなるかは、それぞれの会社のルールによって色々ですね。全体的には、やはり個人名が多いです。

会話は簡潔ですぐに終わる

つまり金融会社からのやり取りはとても簡潔なので、確認電話もすぐに終わってしまう事が多いのですね。会社名が出てくる事も少ない訳ですから、基本的にはプライバシーなどは守られるでしょう。

 - キャッシングの豆知識