急ぎでお金を借りたい|そんな時は即日キャッシングがおすすめ!

お金を即日で融資を受けるためのキャッシングの方法を解説します。いざという時のお役に立ててください

はじめて自分が行ったキャッシング

   

じぶんは現在29歳の男性会社員をおこなっております。じぶんは昔からですが、ギャンブルが大好きでありました。中学時代から高校まで年子違いの兄と自分は10円から100円でトランプやカードゲームでお金をかけて両親で内緒で遊んでおりました。もちろんですが、小遣いです。普段と兄とは仲良く、遊んでいて、それで兄妹でゲームなどでも勝負をしておりました。それで兄の提案で試しに10円をかけてみないかといわれて、10円をかけて、トランプやUNOなどカードゲームで勝負をしたときに、自分の集中直がすごいついたのです。それでゲームに勝ったときに兄からお金をもらったときの高揚感は今でも忘れることができません。悪いことだと理解はしておりましたが、ほんとうに楽しかったです。

社会人になり

それで自分は高校を卒業して社会人になりました。自分は昔から人間関係などがほんとうに苦手であり、クラブなども水泳や応援団といった個人としての競技ばかりの部活をおこなっております。ですが、入社をすると業務は真っ当にできるのですが、プロジェクトや先輩や後輩との人間関係などは全く安定をすることがなく、それがストレスとなってしまい、自分は19歳のときに、はじめてスロットやパチンコをおこないました。

ギャンブルにはまる、そしてキャッシング

当時は4号機の黄金時代であり、北斗の拳などもまぐれでラオウを昇天させ、それからは何度も夢見て打ち込んでおりました。最初はプラスとなっていたのですが、5号機に時代がかわり全く勝てなくなり、貯金なども全て使い果たして自分は24歳のときにはじめて借金をしたのです。レイクさんに初めて借金をしました。正社員であることと、他に債務はないことであっさりと審査を通過して30万円枠でキャッシングを行うことができました。それから無人契約機に向かい、自分はカードを発行しました。それも結果は負けてしまいました。このままさらにキャッシングをしようかとも考えましたが、踏みとどまってボーナスで完済をいたしました。

自分の現在

現在でもパチンコなどに足を運んでおりますが、基本的にライトスペックばかりを打ち込んでいて、ドツボにはまらず、そして給料の範囲で楽しむことにしております。これが最初で最後のカードローンキャッシングとなりますが、会社によっては、ポイントがたまったり、30日間は無利息期間などいろいろと特徴があるようです。一応カードは残してありますが、ここぞというときにしか使用はしないようにしております。おそらく、これがカードローンの本来の使い方だと思っております。

 - キャッシングの豆知識