急ぎでお金を借りたい|そんな時は即日キャッシングがおすすめ!

お金を即日で融資を受けるためのキャッシングの方法を解説します。いざという時のお役に立ててください

キャッシングの審査や用語について

   

キャッシングの審査というのは初心者でも二回目でも不安になることが多いのですが、そういったことでもある程度は審査基準というのは体験談などから明らかになっているので、今回は簡単に紹介していきたいと思います。

新規の申し込み

まずはキャッシングの申し込みが初めての方の審査ですが、実は借入経験がないというのはデメリットにはなりませんが、一番大きなメリットになるとか限りません。キャッシングの審査などにおいては、実はある程度はキャッシングやクレジットカードの利用履歴がある方が返済能力があると見なされるのです。ですから一定程度の借金やクレジットカードの利用があるからと言って借りれなくなるのではと思うのは初心者ならではの思い込みだと思います。当然ですが返済の遅延などをしていると審査的には問題になりますが、ちゃんと返済をしているのならば審査条件としてはプラスになります。また、このような返済能力として審査条件になるのは安定した収入であるのですが、正社員じゃないと借りれないというのも間違っています。アルバイトなどでも月に安定した収入があるのならば借入可能なキャッシングなどは最近増えてきたので、各種の公式ホームページなどを見て借入条件をあらかじめ把握しておくのがいいでしょう。

総量規制と審査について

さてキャッシング初心者がちょっと分からないと思う言葉には総量規制というものがあると思います。こちらは2010年に改訂された貸金業法にある項目であり、年収の1/3以上の貸し付けを禁止する点と、借入総額が50万円以上の場合の新規申し込みには収入証明を提出が必要となったというものです。これにより借金に対して返済能力があるかどうかのラインを予め決めて置き、また審査基準として用いることで返済能力を超えた借金を抑止する目的があります。またこれによってグレーゾーン金利が撤廃されて上限金利が一つになったということも大きい点でしょう。

信用情報機関と審査

キャッシングの審査には借り手の情報が当然参照されるのですが、自己申告や書類の他にもキャッシング会社や銀行などは、借り手のキャッシングやクレジットカードの利用状況を信用情報機関から手に入れることになっています。こちらは上記の情報から債務整理の有無や所謂ブラックリストなどの情報を集めている機関であり、これによってキャッシングの正確な審査基準を手に入れることが出来るようになっています。

初心者でもキャッシングはちゃんとした知識を

初心者にとって分かりずらいキャッシングの点について解説してきましたが、やはり知っておくと計画的な利用につながるので、ぜひこの機会に学んでおくといいでしょう。

 - キャッシングの豆知識